低スペックPCでもゲーム動画キャプチャー - AmaRecLiteの使い方

ゲーム用動画キャプチャーソフト、AmaRecLiteを使用した動画サイト投稿用の
ゲーム動画の作成方法をご紹介します。

AmaRecLiteはDirectXを使用したPCゲーム専用の動画キャプチャーで
非常に負荷が軽く低スペック環境でも録画が可能です。
ゲームの負荷にもよりますが、ゲームが快適に動作しているのであれば
デュアルコア以上のCPUであれば問題なく録画出来るかと思います。


■AmaRecLiteの準備
以下のツールをダウンロードしてインストールして下さい。

AMV ビデオコーデックはシェアウェアなため代わりにHuffyuvを使用します。
ただし、AMV ビデオコーデックをインストールしていないと
AmaRecLiteが起動しませんので、インストールのみしておいて下さい。

Huffyuv_mtのインストールは、huffyuv_mt_712.zipを解凍して出てきた
huffyuv_mt_jp.dllをhuffyuv_mt.dllにリネームし、huffyuv_mt.infを
右クリックして「インストール」を選択すると始まります。
「Windowsロゴテストに合格していません」というメッセージが表示されたら
「続行」ボタンをクリックして下さい。コピーが終われば完了です。

AmaRecLiteをWindows Vista/7で使用する際は
Program Files以外にインストールすることをおすすめします。また、初回起動時に
「現在、AmaRecLiteはWindows Vista以降に対応していません」
というメッセージが表示されます。問題なく使用できますが、
「Shift」キーを押しながら「OK」をクリックしないと
AmaRecLiteが起動しませんのでご注意下さい。詳しくはこちらを参照して下さい。


■AmaRecLiteの設定
【全般タブ】
amarec01.jpg

ファイル設定>保存先
出来る限り早いドライブを出力先にしましょう。
転送速度が足りないと動画がカクカクになってしまいます。

インジケータ
出力テストの際に使用します。
とりあえず最初はチェックを入れておいて下さい。


【ビデオタブ】
amarec02.jpg

ビデオ>フレームレート
30fps以下がおすすめです。それより大きくすると再生負荷が高くなり
低スペックPCでは重すぎてまともに見られなくなってしまいます。
fpsは大きくするほど動画が滑らかになりますが、動画サイトに投稿する場合は
ビットレートやファイルサイズに制限があるため小さいほうが画質が良くなります。
ソースにあわせて30、20、15あたりに設定しましょう。
マウスを録画する、タイムスタンプは必要がなければチェックを外して下さい。

カラーフォーマット指定
今回はHuffyuvを使用するのでRGB32に変更して下さい。

圧縮>コーデック
コーデック(いろいろ)に変更し、「更新」ボタンを押して下さい。
HYMT Huffyuvを選択して、「設定」ボタンを押します。
amarec03.jpg

RGBA圧縮を有効にする
マルチスレッディングモード
にチェックを入れておいて下さい。

リサイズ
小さくするほど負荷が軽くなるので、予め保存したい動画サイズに
リサイズしてしまうのがおすすめです。
ニコニコ動画用であれば512x384になります。

キャプチャ・プラグインは設定しなくていいので
そのままにしておきます。


【オーディオタブ】
amarec04.jpg

オーディオ>サンプリングレート
負荷や音質を考え、22050Hzにしてみました。

オーディオプラグイン
Windows Vista/7ではCore Audio Capture
XPではwaveIn Capturueにします。

waveIn Capturueではステレオミキサーが必要になりますので
設定>Volume Control Panelからステレオミキサーを選択して下さい。
amarec05.jpg

ステレオミキサーが表示されていない場合は録音コントロールの
オプション>プロパティ>表示するコントロールから
ステレオミキサーにチェックを入れると表示されるようになります。
amarec06.jpg


【高度な設定】
amarec07.jpg

特に設定の必要はありませんが、ゲームが重く感じるようであれば
ターゲット・プライオリティを高くしましょう。


■AmaRecLiteの使い方
対象のゲームウィンドウをアクティブにすると自動でフックされます。
amarec08.jpg
AmaRecLiteのメイン画面左下にゲームの実行ファイル名が
表示されれば成功です。
この状態で「スタート」ボタンを押すか「F9」キーを押すと録画が開始されます。

フックや録画が出来ない場合は、対象のゲームとAmaRecLiteの両方を
再起動してみて下さい。ほかにも設定>ビデオ>キャプチャーモードを
ダイレクトに変更するなど試してみるといいかと思います。

まずはじめは、インジケータをオンにして録画してみましょう。
赤色で表示されている項目があると、正常に録画できていません。
amarec09.jpg

インジケータの各項目は以下を表しています。
FPS
ゲームのフレームレート(白):録画フレームレート(緑)
設定値より10%低下すると赤く表示されます。
CPU
CPU使用率
80%を超えると赤く表示されます。
Cap
キャプチャ処理にかかる時間
Enc
エンコード処理にかかる時間
HDD
1秒あたりの書き込みデータ量とバッファの未使用率
書き込みが間に合わなくなると赤く表示されます。
Drp
ドロップフレームの発生数
File
ファイルサイズと録画時間

インジケータは「F8」キーで非表示に出来ます。
問題がないようでしたら非表示にして録画しましょう。


■注意点
AmaRecLiteはDirectXを使用していないゲームには利用できません。
またDirectXにフックをかけるため、リプレイの再生に影響を与え
正常に再生できない場合がまれにあります。
これらの場合には、GDIフックの出来る動画キャプチャー「Taksi」の
利用をおすすめします。詳しい使用方法はこちら


■動画のエンコード
キャプチャーした動画を動画サイトなどにアップロードする場合、
各動画サイトの仕様にあわせてエンコードしなければなりません。
例えばニコニコ動画なら、一般会員40MB、プレミアム会員100MBまでの
MP4(H.264)ファイルに変換する必要があります。
また一般会員は640kbpsのビットレート上限があります。
(ニコニコ公式での上限値は600kbpsですが、実際は641kbpsまで)
よくわからないという方は、自動で適切な設定をしてエンコードしてくれる
ニコエンコ」を使用すると簡単に作成できます。
一般会員では動画を8分30秒までに収め、映像600kbps、音声40kbpsで
エンコードするときれいに仕上がります。
amarec10.jpg
2011-04-02 04:32 | Comment(1) | 動画エンコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲームのリプレイをフルスクリーンで再生できるようにしたいのですが、設定をどうすればいいですか?
Posted by 豆大福 at 2016年09月08日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。